奈井江町道の駅 喫茶みみずくの歩み





 平成8年に奈井江町に道の駅がオープンしてから、13年という月日が流れました。その間町民の皆さんをはじめ、道の駅に立ち寄ってくれたたくさんの旅行者の方たちに支えられ現在まで営業を続けることができました。これは喫茶みみずくでのおいしいオリジナルブレンドコーヒーや真心のこもったメニューを笑顔というサービスをこめて提供し続けてくれた従業員たちの頑張りに他ならないと思っています。 



 障がい者施設の経営する障がい者が働くこのお店は、障がい者という事を全面に出さずに、障がい者も普通の健常者もかわらないと言うことをコンセプトにやってきました。知的障がい者の支援施設であるないえ福祉会が、山から町の中心部へ下りてきて地域交流と情報の発信に力を入れてきました。そんな中時にはお客さんから厳しい指摘があり、頑張ってねと笑顔で応援してくださったりとさまざまなお客様の声に支えられながら今日まできました。これからもお客様との交流を大切にして、障がいを持っている方の就労の場の提供を末永く続けていけたら幸いと考えています。